メンテナンス

メンテナンス

 自分で出来るラジエーターのメンテナンス

 

■時々ラジエーターの水量をチェックしましょう。(リザーブタンクの水量)冷却水(クーラント)の濃度は全冷却水量に対して20%~35%位としましょう。
■冷却水(クーラント)の濃度は寒冷地に於いてはその濃度を大きく(40~50%)しましょう。
■冷却水(クーラント)の交換は一年に一回位してください。冷却水(クーラント)の色が鉄錆び色になっている時は冷却水(クーラント)を全部排出し洗浄剤で冷却水路の清掃をしてから冷却水(クーラント)の交換をしてください。
■エンジンの掛かっている時やラジエーターの熱い時はキヤップを開けない事。
■一ケ月又は二ケ月に1回位ラジエーター及び冷房用コンデンサーの外部を洗う。
■特にほこりっぽい所や寒冷地の除雪剤の撒かれた道路での使用後はラジエーター及び冷房用コンデンサーの外部を丁寧に水洗いして下さい。
■ラジエーターは長年使用しているとラジエーター内部にも水垢や熱で分解された色々な固形物が浮遊沈殿しています。其のためにも一年に一回位の冷却水(クーラント)の交換は是非してください。
またラジエーターは長年使用していると水漏れが生じる事があります。この水漏れが大きい時は出来るだけ早期に修理してください(自動車修理工場・ラジエーター修理専門工場)。
其の水漏れが少しの場合は応急処置として漏れ防止剤をラジエーター 内部に注入するときもあります。

メンテナンス
ラジエーター健康診断
1.タンク亀裂及びタンク亀裂による水漏れ 2.オーバーヒートによる樹脂タンクの変質
ラジエーターの健康診断34
3.電蝕によるコアの詰まり 4.クーラント劣化による錆
ラジエーターの健康診断56
5.腐食によるコアの水漏れ 6.異常圧力によるチューブの破裂
ラジエーターの健康診断78
7.融雪剤、塩害によるコアの腐食 8.コア外部の目づまり
ラジエーターの健康診断910
9.パイプ部の割れ 10.プラスチックタンクの劣化
ラジエーターの健康診断1112
12.異常圧力によるタンク割れ
ラジエーターの健康診断1314
13.タンク、コア接合部の水漏れ 14.A/Tオイルクーラーの漏れ
ラジエーターの健康診断1516
15.冷却水へのオイル混入 16.キャップの不良
ラジエーターの健康診断1718
17.ドレンコックの不良 18.事故車
ラジエーターの健康診断1920
19.完成品 20.ロングライフクーラント(LLC)

▲PAGE TOPへ

Copyright (c)協進ラジエーター工業株式会社 All Rights Reserved.